HOME プロフィール

椎名++

Author:椎名++
日々競馬について考えていること、思ったことをまとめたブログです。
日記的な目的もありますが、主に自分用のメモ的な面が強いです。

以下、予想方法について。

過去は能力評価を予想の主軸にしていましたが、人気馬中心の予想になりがちで穴馬好きな自分としては歯がゆい状態が続いていました。そんな状態でしたので、”人気馬を軸に選ばない”という縛りを設けました。(目安は単勝で10倍以上)

現在は以下を重視して予想しています。
①血統と馬体重
②トラックバイアス
③馬の状態

最新記事
最新コメント 最新トラックバック
月別アーカイブ カテゴリ カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

週末の全て

私の週末の全てである競馬について書いています。 予想は血統と調教中心です。
傾向分析 カテゴリーの記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
下記ランキングサイトに参加しています。
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
にほんブログ村

【傾向分析】函館ダート戦の脚質について

結果分析の際に脚質について毎回触れていますが、そもそも函館ダート戦ではどの脚質が有利なのかを整理しておきたいと思います。当ブログではお馴染みの馬場想定を入れてデータを調べて見ました。

■函館ダート1000mの連対脚質 [馬場想定:超速・高速・速い] 20070728~20130707
SnapCrab_NoName_2013-7-17_0-24-4_No-00.png
1000mでは、逃げ・先行が87%を占めています。連対した馬の87%が4角で4番手以内にいる馬なわけですから、馬券を的中させるためには重視せざるをえません。まあ、問題はそのレースで4角で4番手以内にいる馬をどうやって拾い上げるのかですが…。

ダート短距離戦は過去の実績から比較的予想がしやすいと思われます。テンがどうしても速くなるため、スピードが無い馬では前に付けられないからです。TARGETを使っている方ならAve-3Fを利用してテンの能力を比べるのが有効かと思われます。(1200mですとAve-3Fタイムがそのままテン3Fのタイムと考えることが出来ます)

1,2着になる馬は前に付けられそうな馬から選ぶとして、3連系の馬券を買う場合は3着の脚質傾向も気になるところ。

■函館ダート1000mの3着馬脚質 [馬場想定:超速・高速・速い] 20070728~20130707
SnapCrab_NoName_2013-7-17_23-42-59_No-00.png
3着に限定すると中団から差してくる馬の割合が25%まで上昇します。3連系の馬券を買う場合は、差してくる馬を完全に無視するわけにはいかないと…。

ただ、ここまで着順で脚質を絞れるなら、着順固定の馬券で1,2着を前付出来る馬から選び、差し馬は3着だけ買うという作戦が結構有効に作用しそうです。3連単を点数絞って買うことが出来れば嬉しいですよね。

1000mの脚質データからの攻略は、なんとなく掴めてきたように思えます。
次は1700mについても同じように見ていきたいと思います。

■函館ダート1700mの連対脚質 [馬場想定:超速・高速・速い] 20070728~20130707
SnapCrab_NoName_2013-7-17_0-24-38_No-00.png
1000m程ではないものの、1700mでも逃げ・先行馬が75.9%を占めていて優勢です。馬券的中のためには当然重視すべき観点になります。

4角4番手以内の馬を予想するのは1000mでも利用したAve-3Fデータを参考にするのは有効でしょう。

続いて3着馬の脚質データを見ていきたいと思います。

■函館ダート1700mの3着馬脚質 [馬場想定:超速・高速・速い] 20070728~20130707
SnapCrab_NoName_2013-7-17_23-42-25_No-00.png
1000mと同様に中団から差す馬の率が上がります。1000mよりも若干ですが数値が上です。
1000m程絞った狙い方をするのは難しそうですが、1700mでも3連単を買う際には思い切って脚質で絞って狙ってみるのも面白そうです。

以上のように函館ダートの脚質データから狙い方を考えてみましたが、他の競馬場で同様のデータを出してみると、より狙い所がわかってきそうな感じです。福島、小倉、新潟あたりを優先的に調査してみたいと思います…時間が出来た時にでも…。
スポンサーサイト
下記ランキングサイトに参加しています。
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
にほんブログ村

2013/6/22,23函館ダート戦傾向

今週から函館ダート戦に腰を置いて予想をしていこうと思っています。
まずは直近6/22,23の結果を見ていくことで顕著な傾向が現れていないかを分析していきます。

SnapCrab_NoName_2013-6-29_8-44-30_No-00.png
SnapCrab_NoName_2013-6-29_8-40-32_No-00.png

馬場想定
雨の影響があった6/22土曜は全てのダート戦で”超速(基準-2.0秒以上)”、少しずつ乾いてきた6/23日曜でも”超速・高速(基準-1.0秒以上~-1.9秒)”となったように、基準よりも速いタイムが計時されます。当面は、超速・高速・速い(基準-0.5秒以上~-0.9秒)を想定していれば問題ないでしょう。

血統傾向
1000mでは、ストームバード系ミスプロ系(母父も含め顕著)。
1700mでは、サンデー系キングマンボ系
特に1000mでのミスプロ系は母父も含め顕著な傾向が出ているので意識したいところ。

SnapCrab_NoName_2013-6-29_8-44-41_No-00.png
SnapCrab_NoName_2013-6-29_8-40-50_No-00.png

脚質
1000mは、逃げ・先行有利。前付できる馬、スタートダッシュが効く馬でないと厳しいですね。
スタートダッシュが要求される点からもパワーに優れた米国血脈(ミスプロ、ストームバード)が合っているのだと思います。また、函館はコーナーの傾斜がきつく、コーナーでの追い上げが厳しいコース。前に行ける馬かどうかは最重要項目と考えて良さそうです。

1700mも、逃げ・先行有利。マクリが決まるかはペース次第です。

ペース
1000mは、前半から飛ばして失速していく・平均ペースの2パターンのみ。
1700mは、テン~前半速いor中盤緩むの2パターン。中盤緩んだ場合にマクリが決まるのでペース予想も意識したいところ。
下記ランキングサイトに参加しています。
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
にほんブログ村

第8回ヴィクトリアマイルに向けてデータを分析しよう!その2

今週末の天気は崩れそうということで雨降りが濃厚になってきました。
どれぐらい降るかにもよりますが、高速馬場設定ではなく時計が掛かる馬場も想定して準備をしておいた方が良さそうです。

■馬場差が「標準(-0.4~+0.2)」「遅い(+0.3~+1.0)」「超遅(+1.1以上)」の種牡馬データ
<データ集計期間は、20080216~20130421>
□東京芝 1400m~1600m
SnapCrab_NoName_2013-5-8_22-6-59_No-00.png

■馬場差が「速い(-0.5~-0.9)」「高速(-1.0~-1.9)」「超速(-2.0以上)」の種牡馬データ
<データ集計期間は、20080216~20130421>
□東京芝 1400m~1600m
SnapCrab_NoName_2013-5-8_22-17-57_No-00.png

ディープインパクトは条件関係無く走るサンデー並のスーパーサイヤーなので度外視として、
時計が掛かるようになるとキングマンボ系は勝率が落ちていますね。
キンカメ産駒は割引いて考えたほうが良さそうです。
ファルブラヴ、クロフネは、時計の速い馬場でも良いですが、時計が掛かると勝率が上がっています。
他、時計が掛かる馬場で勝率が高いのは、シンボリクリスエス、ブライアンズタイム、ホワイトマズル、キングヘイローあたり。
サンデー系では、ダイワメジャー、アグネスタキオン、サクラプレジデント、ゼンノロブロイ、マーベラスサンデー、マンハッタンカフェあたりを注意しておくべきでしょうか。


後は、東京で頻発する雨が止んで乾き始めの内1頭分の馬場だけ走りやすいっていうトラックバイアスが発生することがあるので注意して当日の馬場観察をする必要がありますね。東京競馬場の芝コースは内の水捌けがすこぶる良いので、内側の馬場から乾き始めますが、その際発生するトラックバイアスが能力度外視の好走をうんでくれちゃいます。こうなると内を通った馬だけしかこれない競馬になりますので、その兆候が直前の芝レースであった場合に、内枠の馬、前に行ける馬、東京1600mではなかなか決まらない逃げ馬を買うといった作戦も有効です。


その1でもあげたレインボーダリアは雨が降って馬場が渋っても問題ない馬なので、いずれの馬場状態でも期待してしまいますね。 下記ランキングサイトに参加しています。
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
にほんブログ村

第8回ヴィクトリアマイルに向けてデータを分析しよう!その1

今日は休日で何もやることなしな一日。せっかく時間があるので今週末に行われる第8回ヴィクトリアマイルのデータを整理しておきたいと思います。

■過去6年の血統データ
SnapCrab_NoName_2013-5-6_0-0-12_No-00.png

ポイント1「高速馬場必須」
先週のNHKマイルカップもそうでしたが、近年は高速馬場で行われます。
過去6年で見ると、超速(馬場差2秒以上速い)が1回、高速(馬場差1秒以上速い)が3回、速い(馬場差0.5秒以上速い)が2回となっていて、雨が降らない限りは今年も高速以上で行われる可能性が高いです。

ポイント2「サンデーの血を持つ馬と短距離血統」
高速馬場ではとにかくサンデーの血を持つ馬が強いです。
軽い馬場への適性でこの血に適う血統は他にありません。

サンデーの血以外で注目なのは、キンカメとフレンチデピュティ、クロフネ親子のような芝1200mでの種牡馬成績が上位いランクされるような種牡馬です。高速馬場ではスピードの絶対値も必要で、短距離で活躍する種牡馬の血が結構重要なようです。

馬場差速い以上で芝1200mでの勝ち鞍ベスト11種牡馬
<データ集計期間:2008年1月19日~2013年4月29日>
SnapCrab_NoName_2013-5-6_10-27-29_No-00.png


他、高速馬場に強いロベルト系やプリンスリーギフト系も好走血統として注目です。

ポイント3「前走の結果は無視して良い」
前走負けている馬が巻き返すパターンが多いのが特徴としてあげられます。
考えられるのは下記2パターンです。
①年明け1叩き目、余裕残しで凡走 → 本番メイチで仕上げて好走
②前走が中山、福島、阪神1400mといった問われるコース適性が異なるレースを使って凡走 → 本番適性ピタリで好走

上記2点にあてはまる前走凡走馬については、マイナス要素と考えなくても良さそうです。


以上、3点見てきましたが、現時点、出走予定馬で気になるのは”レインボーダリア”です。
出走予定メンバーを見ると難解なレースになりそうですが、
NHKマイルカップのような高配当も期待できそうですし、楽しみなレースですね。
下記ランキングサイトに参加しています。
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
にほんブログ村

明日のNHKマイルCに向けて!20130504(土)の東京芝傾向

明日は東京で3歳のマイルG1、NHKマイルカップがありますので、本日の東京芝戦の傾向を確認しておきたいと思います。

東京芝戦 本日の傾向
SnapCrab_NoName_2013-5-4_17-27-9_No-00.png

サンデー系の好走が目立つのは高速馬場に強い系統なので、データ通り。
特にゼンノロブロイ、ハーツクライ、ネオユニヴァース、ダイワメジャーは馬場差1秒前後の速い馬場で強いデータが出ているので、明日も注目だと思います。(ちなみにディープは高速馬場ならどのカテゴリーでも強いです。)

他、黄緑色のエアジハード、サクラバクシンオーといったプリンスリーギフトも軽い高速馬場に強い系統。

ミスプロ系はあまり良いデータが出ていないのですが、本日の1600mでは好走がありました。
積極的に狙うまででは無いと思いますが、ヒモ選びでは意識しておいた方が良いかと。


SnapCrab_NoName_2013-5-4_17-37-30_No-00.png

予想していた程の高速馬場にはなってないようです。前半スローで流れたレースが多かったので走破タイムもそれ程速いものにはなっていません。馬場差は約1秒程度、標準より速いぐらい。スローで流れて馬群が固まれば瞬発力勝負で好位差しが決まっていました。内外の差も無い状態。ペース次第で勝ち馬は変わりそうです。

ただし、想定よりもタイムは遅いと言えども過去に高速馬場での好走が無い馬は勝負にならない状況なのは変わりません。(例えば、11RプリンシパルSで1着のサムソンズプライドは、皐月賞週の4/13中山500万特別戦を勝利していますが、この日の馬場差は標準より2秒以上速い超高速馬場でした。)


前日の傾向を整理してみましたが、G1週は土日で馬場が変わるってのは結構あります。
(土曜夜に馬場を固めて、日曜は馬場差2秒以上の超高速馬場でした、みたいな|゚Д゚)))
NHKマイルカップは混戦で予想が難しそうですが、土曜の傾向でいったん予想を立てる、日曜当日の傾向を見て、改めて予想しなおす、ぐらいの柔軟さがないと駄目かもですねー。 下記ランキングサイトに参加しています。
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
にほんブログ村
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
アクセス数
下記ランキングサイトに参加しています。
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。